感染症

抗MAC抗体

・キャピリア®MAC 抗体 ELISAは、非結核性抗酸菌の細胞壁を構成する糖脂質抗原であるGPL(Glycopeptidolipid)の部分において、結核菌やM.kansasii菌以外の非結核性抗酸菌が共通に持つGPL-coreを抗原とする血清中のIgA 抗体を測定する方法 ・キャピリア®MAC 抗…

抗菌薬が無効と考える時に

①投与量・投与間隔の問題 ②抗菌薬が移行しにくい部位・転移病巣の感染の存在 ―移行性を考慮する臓器:中枢神経,眼球内,前立腺,骨髄 閉塞部位(胆管結石,膿胸,膿瘍)や壊死臓器への感染 ③自然経過 ④抗菌薬がカバーしていない ―耐性菌,真菌,抗酸菌,ウ…

結核(接触者検診に当たって)

活動性結核患者と接触して結核に感染した場合,感染した者の大多数においてQFT が陽性になるまでの期間は2 ~ 3 カ月と考えられる IFN-γ遊離試験(Interferon-Gamma Release Assay)と称され,略してIGRA Tスポット:BCGの影響を受けない。 結核菌に感染した…

QFT陽性(結核以外)

非結核性抗酸菌のうち M. kansasii,M. marinum,M. szulgai,M. flavescens,M. gastri およびハンセン病の原因菌であるM. lepraeからも 分泌される。 M. avium,M. intracellulareには存在しない。

感染性腸炎の潜伏期間

2日以内 ブドウ球菌(1-5時間) ビブリオ(2日以内) 魚介類 サルモネラ(8時間-2日以内)鶏卵、牛肉 長め カンピロバクター(2-10日間)鳥肉、牛レバー 腸管出血性大腸菌(4-8日) 牛肉、牛レバー エルシニア(3-7日) 豚肉 ノロウイルス カキ 腸チフス・パ…

カルバペネムのカバーしないもの

腸球菌の一部 CNS(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌) MRSA コリネバクテリウム 異形肺炎の一部(クラミジア、マイコプラズマ、リケッチア、レジオネラ) 抗酸菌 S.maltophilia Burkholderia cepacia C.difficile フラボバクテリア

梅毒(前地帯現象など)

I期とII期(早期顕症梅毒) I期(3週~3カ月): 感染から約3週間の潜伏期の後にTp侵入部位に自覚症状を欠く皮疹。 初期硬結ができ、 やがて潰瘍化(硬性下疳)し、 数週間で自然消退。 無痛性の鼠径リンパ節腫脹(無痛性横げん) II期(3カ月~3年):血行性…

viridans streptococcus

viridans streptococcus Any of a group of streptococci with no defined Lancefield group antigens but not Streptococcus pneumoniae. ☆usually α-hemolytic; part of the normal flora of the respiratory tract but also causing dental caries, bacte…

Hutchinson徴候 帯状疱疹

VZV: Hutchinson徴候とは 鼻背・鼻尖部の皮疹+眼内炎症 三叉神経第一領域:上側の滑車上神経と下側の鼻毛様体神経の2 本の分枝。 【鼻背部】滑車上神経で結膜にも分布しており、 【鼻尖部】鼻毛様体神経で角膜、強膜、虹彩、毛様体にも分布。 皮疹がみられ…

HEPAフィルターなど移植関連の環境

HEPAフィルター (HEPA:highly efficiency particulate air) CDCは移植部屋などとは言わず防御環境としている。 流入する空気をHEPA濾過する。空気室内気を一方向性とする。 廊下と比し、中を陽圧にする。特に乱流を起こしてはいけないという訳ではな…

CMV抗原測定

CMV抗原測定をモニタリングして抗ウイルス薬の開始を決定するエビデンスを作られているのは、造血幹細胞移植の領域のみ。

ステロイド投与下のST予防について

プレドニゾロン換算 1日20mgを4週間以上、*1 1日20mg以上で2~3週以上など*2 推奨レジメン ST合剤1日1回連日 *1:ANTICANCER RESEARCH 25: 651-656 (2005) VASSILIOS BARBOUNIS,et al *2:Clin Microbiol Rev. 2004 Oct;17(4):770-82 Rodriguez M, Fishman JA.

グラム陰性桿菌の菌血症

サンフォードでは菌血症の投与期間は10~14日間、 日本版敗血症診療ガイドライン表6では7~14日間